みん占で自分についてを知る

生年月日でついてない月がどんぴしゃでわかる

当時友人から勧められたみん占(チャット占いアプリ)をはじめて体験したときの話です。私が体験したのは生年月日で性格や運勢を占ってもらうものでした。まず生まれ年については、美人で色っぽい人が多いとの判定がでました。確かに同級生にはモデル張りの子が前後の年齢に比べると多いなと感じていたので「ほほー」と思って聞いていました。また、それ以上に驚いたのが12か月中、私が最もついていない3か月の話でした。誰にもこの「ついていない3か月」というものが存在し、よくないことが起きやすいというのです。そのため、新しいことに挑戦したり、人生の転機になるような動きは控え、なるべくおとなしく生活するようにいわれました。占い師の方いわく私の場合は毎年10、11、12月の3か月。
占いを受けた当時は1月だったのですが、その年の10月、年始から付き合っていた彼と突然破局しました。また、仕事も異動が決まり畑違いな仕事内容に毎日戸惑い、量自体も2倍となり、毎日終電帰り。疲れやストレスから睡眠障害や急激な体重増加、発熱、肌荒れ・ニキビなど心も体もボロボロな状態に。年末には早く今年が終わり、この「魔の3か月」が過ぎ去ることばかり願っていました。年が明けたとたん、彼氏ができたり懸賞で旅行が当たったりと、すぐに運気が上がりました。毎年10、11、12月は気を付けたいと思います。

占い師の通りにしたら志望校に合格しました

私が高校生の時の体験談です。私は国立大学に行きたく必死に勉強していましたがなかなか成績が上がりません。親には「ちゃんと勉強してるのか」なんて怒られたりします。そんな時にこちらのみん占を見つけ占い師にメッセージを送りました。
まず占い師に生年月日・性別・志望校を伝えました。その際に占い師から「あなたの場合勉強の時間帯が悪いです。夜中に勉強していますよね。それでは頭に入りません。生活を朝型にして朝勉強すると頭に入りますよ。私を信じてみてください。」と言われました。それから夜型の生活を改めて朝型にしました。早寝早起きして朝に勉強をするようにしました。そうすると勉強が頭に入るだけでななく体調もかなり良くなりました。それまで病気をする事もありましたが、風邪もひかなくなりました。そのようにしたら成績が上がり志望校に合格する事が出来ました。きっかけを作ってくれた占い師には大変感謝しています。

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。